トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は中には嫌がる人もいますので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによりけりなので、流行があれば一定の色に幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主要な原因は幾つか存在しますが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    ものによっては査定金額が付かないところまで下がることもあることを知っておいてください。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、大きな損傷を修理した場合に修理歴車と呼称するのです。

    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして車の買取店と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    査定相場金額を確認した上で交渉に臨んでいるのならば良いのですが、チェック済みではないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、このケースの場合は勿体ないです。

    見積金額について買取会社と価格交渉をするつもりならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと中古車業界では減点査定の対象となります。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして10万を超えると過走行車となり、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことではないので安心してください。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと部分ごとに細かく査定してそれなりの額で買い取ってくれるでしょう。

    個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに対象車の市場価値を計算するのが常です。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、客観的な価格決めを行うわけです。

    採点されるポイントは、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。

    熟練の営業マンが逐一チェックしますから、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、一目瞭然です。

    中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、一社だけでなく複数の買取業者に査定を出してもらうのがお約束です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。

    その点、自宅で入力するだけで済むネットの中古車査定一括サイトほど便利なものはありません。

    最初に車の情報などを登録すれば所要時間5分で数十社から見積りをとることも可能で、極めて短時間で成果を得ることができます。

    ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部から我先にと営業電話がかかってくるため、心してかかる必要があります。

    もう完璧に動かすことができなくなった不動車でも、売却を諦める必要はないと言えます。

    その動かない自動車にも値段をつけてくれるところがあるかも知れませんよ。

    自動車本体ではなくパーツごとに見るとこれからも新品同様に使えるパーツがあるかも知れませんし、それらの部品に対して値段をつけて査定して買取を行ってくれるところはあります。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、前もって調べて不動車を取り扱っている業者に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検の残り期間が数ヶ月となると既にプラス査定は期待できなくなります。

    でも見積金額アップを狙って売却前に車検を通すことは無意味といって良いでしょう。

    もし車検の有効期限まで2年間残っていたとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、業者が来て実車査定を行い、その業者が出せる査定額が決定します。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと業者から売却代の振込があるのが普通です。