トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。






    車買取コラム

    一般的に中古車の買取市場において言えることは、業界大手の会社と中から小規模の会社では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、価格の交渉をしようにもあまりその余地がないのが一般的です。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    自分が所有している車のおおよその査定相場を確認したいときに、ウェブを通して行う無料の中古車一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、メーカーのホームページ上で価格を確認するという手段もあるのです。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKで車種および年式のみで査定金額を知ることが可能なところもあるようですので、一括サイトを使って査定したときのように勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。

    事故や故障を起こしてしまった車の修理歴というものは、嘘をついて査定に出したとしても瞬時に判明してしまいます。

    軽い損傷程度で済んでいて、完璧に修理されているならば一般的な修理車に含めて考えない場合もありますから、隠そうとせずに正直に伝えることが大切ですね。

    もし多くの買取業者で同じように0円査定と言われてしまったときには、故障車や事故車を専門的に買い取っている業者をあたってみると良いかもしれません。

    自分の車を査定してほしくても、現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは得策ではありません。

    他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、足元を見られることもあり得ます。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、スピードです。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけば店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。

    自分に落ち度はなくても追突され、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。

    当時は大丈夫でも下取りや中古車買取を依頼する際、事故車ですからそうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。

    恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。

    それはケースバイケースとしか言いようがありません。

    個人間で調整したとしても保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    裁判を起こすことも考慮しつつ、弁護士に相談する以外、手はありません。

    査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが高額査定が期待できるという説があります。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、来てくれるならいつでもという構えでなるべく多数の業者から見積りをとるほうが効率的です。

    価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、自然と査定額もアップするでしょう。

    中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。

    定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、見積額に上乗せされることが多いでしょう。

    それから、シルバーの場合は定番カラーであることに加えてボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

    車体の色が定番色以外の場合には、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでにはその色の流行が終わっていることを考慮して査定するからです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、年式が旧型ならば1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    車売却の際にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないと調子を崩すことが多くなってきます。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    本来ならば車を売るときには、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    でも、素人が傷を治そうとすると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、無理矢理に修復しようと試みずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。