トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。






    車買取コラム

    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、担当する買取業者にもよるのですが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売却する前に車検を通したとしてもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に上乗せされることはないので、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、個人名を書かなくても見積もりを出してくれるサイトも存在していると言います。

    せっかく査定を依頼しても結果の連絡を受けなくては意味がないので、連絡先だけは教える必要があるのですが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    それから、電話なども公開せずに相場が前もって分かるためには、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、おおよその相場を知ることができます。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、大して参考になったという意見はないですね。

    乗っている車を売ると心に決めたら、最初にした方が良いことといったら、今の時点でのおおよその相場価格を知ることです。

    査定金額の相場を把握することにより買いたたかれてしまう可能性を回避することが可能ですし、前もって調べた買取相場よりも高く査定してくれたお店に即決することも可能になるというものです。

    オンラインで沢山の業者に中古車一括査定を申し込めるところがあるので、ネット環境が整っていれば、自分の車の査定相場を知ることは簡単ですね。

    最少の手間で車の相場を知ることができる車買取一括査定サイトは、誰にとっても有難い存在ですが、その性格上、やっかいなこととして対象にした買取業者からの電話がそれこそ一斉にかかってくることが挙げられます。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと仕事に支障がでかねないので、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

    時間や都合を無視してまで電話をかけてくる業者は、既に売ってしまったと嘘でもいいから言ってしまうのが効果があります。

    下手に理屈で理解してもらうより簡単です。

    中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、中古車を査定する際に業者が提示した価格にも有効期限が設けられているのが普通です。

    ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、金額を出してもらった段階で有効期限については聞いておくべきです。

    もし短ければ交渉次第で訂正もあり得ます。

    期限は長くても10日から2週間位が設定されていると思いますが、ボーナス商戦や決算の時期などに当たると非常に期間が短くなっていることもありますので、気をつけなければいけません。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で1万キロ前後と想定されています。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、稼働パーツが劣化していても気づかない可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずに廃車にすると戻って来ます。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、自動車税が月割で返金されることはないのです。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。

    できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。

    年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    中古車市場での需要が高まる季節には一緒に買取価格も上昇するからです。

    しかしながら、車の売却を決めた時期が決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。

    相場が上がったことによって査定額もアップするでしょうが、愛車が型落ちして価値も下がることの方が大きくなることも予想されるからです。

    下取りではなく買取業者に車を売却する際は手続きが必要です。

    手始めに査定サイトなどから申し込み、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで現物を業者から派遣された査定士が判定し、買取金額の提示となります。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、代車手配や価格などで折り合いがつけば晴れて契約です。

    契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

    そして無事に手続き全般が終わったところで売主の口座に売却代金の振込があります。