トップページ

    このサイトではメルセデスベンツの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「メルセデスベンツの買取相場をチェックして高く買い取りをしてくれる車買取店に売りたい!」ということを思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取業者で調べてみてください。

    高級車のメルセデスベンツを高価買取してもらうためにやるべきことは「複数の車買取店に査定をしてもらう」ということです。1つの業者だけとかなじみのメルセデスベンツディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら、絶対に損をするので注意してください。

    中古車の一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取店からの査定額を比較することができるので、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)の買取額の相場をサッと調べられます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる無料の一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーとイメージしてしまうぐらい人気のサービスなので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社までメルセデスベンツの買取査定をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    しかも、全国対応で利用は無料。

    「少しでも高く売りたいからメルセデスベンツの買取相場を調べたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時に今あなたが乗っているメルセデスベンツの買取相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に渡らないので、電話がかかってくるのはユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、高級車のメルセデスベンツを高く売れる車の買取業者が分かります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、利用すると複数社から電話連絡が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    メルセデスベンツの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社もの車買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までになかった新しいサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力が終わったらすぐに中古車の買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのメルセデスベンツの買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話がかかってきたら1回の査定で売ることを決定せずに、複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったメルセデスベンツでも高価買取が可能になります。

    最大で10社がメルセデスベンツの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたが大切にしてきたメルセデスベンツを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すればネット上で中古車の買取相場が分かる数少ない一括査定サイトの一つ。
    提携業者も約220社と多く、最大で10業者があなたのメルセデスベンツの査定額を提示します。

    少しでも多くの買取業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比べることが可能になるので、いつくかの車買取業者にお願いして長年乗ってきたメルセデスベンツをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計利用者数100万人以上は安心できる実績ですし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車専門の中古車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車のみで1500台。全国に展開していて出張査定の費用は無料です。

    外車王は外車・輸入車に特化した外車買取店なので、ドイツ車のメルセデスベンツであれば日本車メインの買取店より高額査定が実現することも多いです。
    そういうことから、ドイツ車のメルセデスベンツであれば最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して概算買取価格をリサーチしてみてください。

    いくつかの中古車買取店に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。買取相場よりも高額な金額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたメルセデスベンツを売却しましょう。






    車買取コラム

    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルには何点か考えられますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれてかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、何はともあれ消費者生活センターなどの相談機関に出向くようにしてみましょう。

    ネットで簡単に見つかる中古車一括査定のページを使用すれば、売却予定の車の査定相場の概算を知ることができますから利用価値が高いです。

    パソコンだけではなくて、携帯やスマートフォンで利用可能ですから、バスでの移動時間など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    しかしながら、注意点があって、査定見積もりを行った複数の業者から電話攻勢が一斉に来るようになるため、嫌な場合には連絡手段にメールを選べるところを活用すれば良いのです。

    WEB上で確認できる車の査定額は、やはり簡易的なもので見積もりを出したまでです。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台その状態はまちまちですから、個々の細かい事情を考慮した査定金額は中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    このため、インターネットで前もって得られた相場通りの価格が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、前もって知っておくと良いでしょう。

    車を買い取る前に行われる査定では、複数のチェック項目ごとに基準値を設けてプラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。

    しかし査定前に気になって素人作業で補修したりすると、逆に減点の度合いが大きくなってしまう状況にもなり得ます。

    身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら、たくさんの業者から査定を受けることが大事です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに中古車買取業者の店舗のあるところまで、比較検討のために幾つも回れるでしょうか。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    24時間いつでも申し込みでき、1回の入力で何十社もの見積額を知ることができるため、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    もっともデメリットもないわけではなく、たくさんの買取業者から競うように電話連絡が来るのは避けられませんから、あらかじめ何社かに絞って依頼したほうが良いでしょう。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は必ずしておくことといえば、当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

    取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった契約金額に関する文章はよく読んで理解しておく必要があります。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してからそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    しかしながら、自動車関連の書類をなくさずにひとところにまとめていて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車購入の際にも入り用になってきますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を用意しなくてはなりません。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところは違うことを覚えておきましょう。

    一般的な普通自動車の場合は都道府県の税事務所に行けば良いですし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    単純に考えても、自動車を買いたい人がたくさんいる時期の方が、売却側にとっても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

    需要の高まりと同時に供給も多くなければいけませんから、待ったなしで自動車の買取金額も上がるのです。

    9月と3月は会社の決算月なので中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

    9月は、さらに夏のボーナスが出て間もない時期であることから車の売れ行きは良くなるので売却に適した時期と言えますね。